あなたの便秘はどのタイプ?

便秘に悩む女性

便秘解消には、まず自分の便秘がどの種類の便秘かを把握しておかなければなりません。

 

間違った解消法を実行すれば、逆効果になってしまうからです。

 

自分の便秘の種類を把握する

 

では、弛緩性便秘の場合はどのような対処をすればよいのでしょうか?

 

弛緩性便秘の原因

弛緩性便秘は大腸の運動が低下することによって起こる便秘です。

 

ですので、便秘を解消するには大腸が動きやすいようにしてあげる必要があります。

 

そのための方法が、

  • 筋肉を鍛える
  • 食事を改善する
  • 腸を刺激する

の3つです。

 

筋肉を鍛える

筋肉を鍛えるといってもジムに通う必要はありません。

 

体質、あるいは年齢のために筋力が弱いと、大腸はうまく運動せず、便が運ばれにくくなってしまい、結果便秘になってしまいます。

 

ですから大腸が蠕動運動できるよう、筋肉をつけましょう。

 

方法としてはランニングやウォーキング、スイミングなどの体全体を使った有酸素運動が中心となります。

 

腹筋運動も大事ですが、体の内部の筋肉ですので、体全体の筋肉を鍛える必要があります。

 

ただし、今まであまり運動をしていなかった人は、急にはげしい運動をするのは控えましょう。

 

じょじょにでかまわないので、継続して運動するよう心掛けてください。

 

腸を刺激する

弛緩性便秘に有効な食べ物は、不溶性食物繊維です。

 

食物繊維、特に水に溶けない不溶性食物繊維は、腸内で膨らみやすく、直接腸を刺激することで、蠕動運動を促します。

 

豆類や玄米などの穀物をあまり食べなかった人は、意識してこれらの食物繊維を食事に取り入れましょう。

 

他にはきのこ類芋類も不溶性食物繊維を多く含んだ食材です。

 

また、便秘薬を飲むことも、腸を刺激する解消法のひとつです。

 

薬の成分で直接腸に働きかけるのですが、これを続けていると薬なしでは排便できなくなる可能性もあるので、あまり頼り過ぎてはいけません。

 

 

食事を改善する

最後は食事の改善です。

 

食事によって腸内環境を調え、排便しやすい内臓にする必要があります。

 

今述べた食物繊維に加え、納豆やお味噌などの発酵食品を積極的に食べましょう。

 

プーアール茶が便秘に良いのは、発酵食品でもあるからです。

 

お味噌などと同じく麹菌を使って発酵させたプーアール茶には、酵素も豊富に含まれているので腸内環境の改善には最適です。

 

 

【関連記事】
プーアール茶が便秘によい3つの理由

 

ダイエット中でもプーアール茶なら快便でいられる理由

 

便秘とむくみの意外な関係

 

便秘の人は腸内環境の改善が最優先課題

 

ダイエットプーアール茶で便秘解消の口コミまとめ