便秘薬で便秘は治るけど…

便秘薬

便秘薬は、その症状を解消するのには非常に有効です。
しかし、薬の成分による便秘解消は一時的なものにすぎず、便秘が慢性化する原因にもなります。
そんな便秘薬(下剤)の副作用とその危険性について説明したいと思います。

 

便秘薬が便秘を解消する仕組み

現在市販されている便秘薬のほとんどは、弛緩性便秘用のものです。
機能が低下している大腸を、薬の成分で刺激することにより、蠕動(ぜんどう)運動が活発になり排便を促すことができるのです。
とくにアントラキノン系と呼ばれる便秘薬は、大腸の粘膜を刺激することによって蠕動運動を促しますが、効果が強く、比較的症状のひどい便秘にも効果があります。

 

便秘薬の副作用

しかしながらこれら便秘に効果のある薬を慢性的に使用すると、腸の働きが悪くなり、余計に便秘になりやすくなります
人の体は刺激に対して耐性を持つようにできているので、薬を飲み続けているとやがてその刺激が効きにくくなっていきます。
すると自力での排便がさらに難しくなり、便秘体質がますます悪化するのです。
さらには、アントラキノン系などの刺激が強い薬は、ときに腹痛などの副作用があります。
また、いわゆる便秘茶とよばれるセンナ茶やキャンドルブッシュを含むお茶にはセンノシドが含まれていますが、センノシドを含有する下剤はこのアントラキノン系になります。
ですので、比較的効果が緩やかだからといって便秘茶を飲み続けていると、便秘薬と同様効き目が悪くなり、ますます便秘体質になっていくこともあります。

 

便秘薬は便秘体質を解消するものではない

便秘薬は、便秘の症状を解消するのには有効ですが、便秘の原因をなくせるわけではありません。
詳しくは知っておくべき便秘体質とその改善法に書いていますが、便秘になりやすい体質を改善する必要があります。
もちろん便秘薬を使うな、と言っているのではありません。
本当につらい時は薬の力で解消することも必要です。
しかし根本的な改善をせず、薬にばっかり頼っているとますます悪くなるいっぽうですので、ぜひとも便秘になりにくい体作りというものを目指していただきたいのです。

 

【関連記事】
妊婦は便秘解消にプーアール茶を飲んでもいいの?

 

プーアール茶が便秘によい3つの理由

 

知っておくべき便秘体質とその改善法

 

便秘の人は腸内環境の改善が最優先課題

 

ダイエットプーアール茶で便秘解消の口コミまとめ