プーアール茶とその仲間たち

グラスのお茶

便秘解消に効果のあるプーアール茶ですが、他のお茶との違いは何なのでしょうか?

 

その違いを把握して、健康的に便秘解消をしましょう。

 

プーアール茶も緑茶も同じ茶葉

最近CMでも流されていますが、ウーロン茶も緑茶も元は同じお茶(茶の木:学名Camellia sinensis )です。

 

さらに、紅茶もプーアール茶も同じお茶で、製造方法の違いによりいろいろなお茶ができるのです。

 

緑茶

緑茶

日本人に最もなじみのある緑茶は、いろいろなお茶の原型ともいえるものです。

 

緑茶は、茶摘みのあと茶葉の発酵を止めるために加熱されます。この発酵を止める工程のことを殺青(さっせい)といいます。

 

この時日本では「蒸し」によって加熱(蒸青)されますが、中国では「炒る」ことによって発酵を止めます(釜炒り殺青)。

 

殺青された茶葉は「揉み(荒揉み→中揉→精揉)」の処理をされたあと乾燥させ、「葉」と「茎や粉」に分別されます。

 

このような工程で作られたお茶が「緑茶」で、栽培方法や揉みの工程の有無によって玉露や煎茶、碾茶(抹茶)などの違いがありますが、発酵させない不発酵茶であることが大きな特徴です。

 

ウーロン茶と紅茶

紅茶

ウーロン茶、または紅茶は摘み取ったあとの茶葉を殺青せず、酸化発酵させます。

 

ある程度酸化発酵させてから途中で釜炒りして発酵を止めたものが青茶(ウーロン茶がその代表)で最後まで発酵させきったものが紅茶です。

 

ですのでウーロン茶は半発酵茶と呼ばれ、紅茶は完全発酵茶とも呼ばれます。

 

プーアール茶

プーアール茶

プーアール茶は、緑茶と同様摘み取ったあと一旦殺青して茶葉の発酵を止めます。

 

しかし殺青では酵素は完全には失活しないため、ある程度残った酵素によって発酵が進みます。

 

これが生茶と呼ばれるもので、中国でプーアール茶といえばこの生茶を指し、年代を経て発酵が進んだものほどビンテージとなり高値で取引されます。

 

いっぽう、殺青のあと水分が残ったまま堆積させ、高温多湿状態でカビ(黒麹菌)によって発酵させたものが熟茶とよばれるプーアール茶です。

 

日本でプーアール茶といえば普通この熟茶を指します。

 

生茶と熟茶の違いは、年月によって自然発酵させるか、カビによって人工的に発酵を早めるかの違いにあるわけです。

 

プーアール茶と他のお茶との成分の違い

プーアール茶(熟茶)は上記のように黒麹菌を使用することにより、他のお茶にはない独自の成分があります。

 

それが脂肪分解酵素リパーゼです。

 

リパーゼは摂り過ぎた脂肪やコレステロール分解し体外に排出するのに活躍する酵素で、生活習慣病の予防ダイエット効果も期待される酵素です。

 

いっぽうカフェインはプーアール茶にも含まれていますが、比較的その含有量は少なくなります。

 

ただし、商品によってその量は変わりますので、気になる方はその商品のカフェイン量を調べておく必要があります。

 

また、これは成分とは少し違う話ですが、漢方医薬の世界では、食べ物を「熱性」「温性」「平性」「涼性」「寒性」の5種類に分ける考え方があります。

 

黒系や赤系の食べ物は体を温め、白系や緑色の食べ物は体を冷やす、とされています。

 

そしてお茶もまさにこの色のとおり、プーアール茶などの黒茶や紅茶は体を温める「温性」、ウーロン茶に代表される青茶は「平性」、そして緑茶は「涼性」の飲み物なのです。

 

基本的に体は温めれば代謝が良くなって排尿排便が活発になるので、便秘には「温性」の飲み物がよく、緑茶は便秘にはよくないとされています。

 


便秘茶とプーアール茶の違い

ティーバッグ

よく通販などでは便秘解消に効果のある便秘茶や健康茶が販売されています。

 

これらのお茶とプーアール茶とは、決定的な違いがあるのをご存知でしょうか。

 

便秘茶って?

多くの便秘茶にはセンノシドという成分が含まれています。

 

センノシドとは便秘薬にも用いられる成分で、強い下剤効果があり、便秘茶の即効性はこの成分によります。

 

センノシドはマメ科の植物センナの主成分ですが、センナの実や葉は効果が強いので国内では医薬品扱いされています。

 

ですからこれを摂り過ぎると副作用があります。

 

また、通常便秘薬は常用するものではなく、症状のひどいときに服用するものですので、これをしょっちゅう使っていると自力では排便できなくなってしまいます。

 

センナ茶などの便秘茶はセンナの実や葉は使用されておらず、食品扱いの茎の部分を使っているので、医薬品としては販売されていません。

 

ですが常用すれば便秘薬などと同様自力での排便ができなくこともあるので、飲む量や飲み方に注意しなければなりません。

 

キャンドルブッシュは大丈夫?

便秘茶や健康茶のなかにはキャンドルブッシュ(またはゴールデンキャンドル、ハネセンナ)が含まれているお茶もたいへん多いです。

 

キャンドルブッシュはセンナと同じマメ科の植物で、センナよりは緩やかですが下剤効果があります。

 

そしてこちらもセンナの茎同様医薬品指定はされていないので、キャンドルブッシュを含むお茶は医薬品ではなくあくまで食品として販売されています。

 

しかし2014年1月23日、国民生活センターは、キャンドルブッシュを含むお茶15品目を検査した結果、半分のお茶が過剰に摂取(2杯〜7杯と商品によって異なる)すると医薬品とほぼ同じ量のセンノシドを摂取することになる、と発表し、キャンドルブッシュを含む健康茶は人によっては激しい下痢になる恐れがある等の注意勧告をしています。(独立行政法人国民生活センター「キャンドルブッシュを含む健康茶-下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意-」)。

 

ネット上ではキャンドルブッシュはセンナと違い効果が弱いから大丈夫、などの記述も見られますが、センノシドも含まれているので下剤とほぼ同様、という認識を持ったほうが良いです。

 

プーアール茶にはセンノシドは含まれていない

基本的に「プーアール茶」として販売されている商品にはセンノシドは含まれていません。

 

他のお茶もブレンドされているようなプーアール茶なら成分表示を確認してください。

 

ただし、だからと言ってプーアール茶をがぶ飲みしてもいいわけではありません。

 

副作用はありませんが、飲み過ぎればお腹をくだしたりする場合もあるので、あくまで常識的な飲み方をしましょう。

 

プーアール茶は薬のように飲むのではなく、普段から腸内環境をきれいにしたり、血流をよくすることによって代謝を上げ、結果便秘を解消する、という飲み方がベストです。

 

 

 

【関連記事】
プーアール茶が便秘によい3つの理由

 

ダイエット中でもプーアール茶なら快便でいられる理由

 

知っておくべき便秘体質とその改善法

 

便秘の人は腸内環境の改善が最優先課題

 

ダイエットプーアール茶で便秘解消の口コミまとめ