「腸は第二の脳」

フルーツと女性

便秘の為だけでなく、健康全般にとっても腸内環境をキレイにしておくことは大事です。
腸内環境が悪いと、

  • 下痢や便秘になりやすい
  • 肥満になる
  • 排泄物だけでなく、体臭や口臭が臭くなる
  • 食べ物の消化吸収が悪くなる
  • 血流が悪くなる
  • 免疫力が低下する
  • 発がん性物質を生産する
  • イライラ・倦怠感

などなど、消化・排泄機能だけでなく、その他の内臓や体全体の器官、さらに精神面にも影響が出ます。
腸は第二の脳」とも言われますが、人が生きていく上で非常に重要な器官なのです。
では、「腸内環境」とはそもそも何なのでしょう?


腸内環境とは

人の腸内には、300種類とも500種類とも言われる細菌が100兆個もあると言われており、それらは大きく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分類できます。

・善玉菌
腸内を酸性にして生命活動に必要な物質を生産し、免疫力を高め、蠕動運動を促進します。
ビフィズス菌、乳酸菌などが代表選手です。

・悪玉菌
腸内をアルカリ性にして腐敗させ、毒素や発がん性物質を生産します。
大腸菌、ブドウ球菌などが代表選手です。

・日和見菌
体調や摂取した食べ物により、良い働きも悪い働きもする菌です。

腸内環境がキレイな状態とは、これら3種類の細菌がバランスよく存在することを言います。
悪玉菌は一見要らないものに思えますが、悪玉菌以上に有害な菌(赤痢菌・サルモネラ菌など)を撃退してくれたり、ある程度消化吸収を助けてくれたりと、けっして悪いことだけではないのです。
要はバランス(このバランスのことを腸内フローラと言います)が大事で、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想的なバランスと言われています。
ですのでこのバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になるような状況が、腸内環境が整っていない状態となります。

腸内環境を整えるには

チェス

ではこのバランスを保つにはどうすればよいのでしょうか?

ストレスをためない

先ほど「腸は第二の脳」と述べましたが、腸には非常にたくさんの神経が通っています。
精神的なストレスがたまると腸を動かす神経にも支障を来たし、消化や吸収がうまくできなくなります。
ストレス解消はお腹にとっても大事なことです。

水分をしっかり摂る

体に水分が足りないと便秘がちになります。
便秘の原因の一つは腸内環境が悪いことですが、逆に便秘だと腸内環境をさらに悪化させます。

バランスの良い食事

バランスの良い腸内環境のためにはやはりバランスの良い食生活が不可欠です。

タンパク質や脂肪は摂り過ぎない

タンパク質や脂質は悪玉菌のエサになるので、摂り過ぎはよくありません。
ただしこう言うと全く摂取しない人がいますが、あくまで「摂り過ぎ」がよくないのであり、正常な腸内環境のためにはある程度の量を摂らなければいけません。
また同じタンパク質でも、植物性タンパク質は食物繊維なども含むため摂り過ぎてもほとんど問題ありません。
制限するべきなのは動物性タンパク質で、1日に摂取すべき目安は体重×0.8〜1gとされています。
体重が40kgなら約32〜40gということです。
また、脂質の1日に摂取すべき量は、成人の場合約50gと言われています。

食物繊維を摂る

食物繊維は、かつては食べ物の「カス」扱いでしたが、現在は第六の栄養素という位置づけになるほど重要です。
腸内環境という点では、食物繊維は善玉菌のエサとなって善玉菌の増加を促し、また腸内を酸性に保ってくれます。

水溶性食物繊維

おもに海藻やこんにゃくに含まれる水溶性食物繊維は、水に溶ける性質のため粘性を持ち、便を柔らかくしてくれます。
また腸内をゆっくり移動するので腹もちがよく、ダイエット向きです。

非水溶性食物繊維

水に溶けない非水溶性食物繊維は便の量を増やす働きがあり、腸の蠕動運動を促します。
ただしけいれん性便秘直腸性便秘の場合は逆効果になるので注意が必要です。

 

自分の便秘の種類を把握する

 

発酵食品を摂取する

ヨーグルト
最近よく「プロバイオティクス」という言葉を耳にしますが、あれは腸内フローラを改善してくれる微生物のことで、ブルガリア菌やビフィズス菌などの乳酸菌がその代表ですね。
ヨーグルトが腸に良いのは有名ですが、プロバイオティクスは乳酸菌だけではなく、その他の発酵食品にも含まれています。
特に日本食には、納豆、味噌、醤油、漬物などの発酵食品がたくさんあり、日本人は昔から腸に良い食べ物を食べてきたのです。
これらの発酵食品は善玉菌を増やし、腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑えてくれるのです。

プーアール茶も発酵食品

当サイトでおすすめしているプーアール茶も発酵食品です。
ウーロン茶や紅茶も緑茶を発酵させたものですが、プーアール茶は微生物(黒麹菌)を加えることによって発酵させたお茶です。
麹菌はタンパク質やでんぷんの分解に必要な酵素をたくさん作るので、腸内フローラの改善にはより効果的と言えます。

 

プーアール茶が便秘によい3つの理由

 


腸内環境が整うと

上記のことを意識して腸内環境が整うと、以下のような効果をもたらします。

便秘になりにくい体になる

腸が健康なら蠕動運動も活発になり、便秘になりにくくなります。
便秘薬に頼ることのない生活ができるようになります。

痩せやすい体になる

整った腸内環境は中性脂肪やコレステロールの代謝を促進するので、痩せやすい体になります。
ダイエットをしたい方は偏食せず、バランスの良い食事を心がけましょう。

肌がきれいになる

腸内で悪玉菌が優勢になると腐敗ガスを発生させ、細胞の新陳代謝を阻害します。
「肌は内臓の鏡」とも言われるくらいですので、美肌を目指すなら腸内環境の整備は重要です。

免疫力アップ

善玉菌が腸内を酸性にすることで活性酸素が働きやすい環境になり、免疫力が上がります。
風邪をひきにくくなったり、アトピーや花粉症などのアレルギー反応を抑えることにもつながります。

ストレスに強くなる

腸と脳との間には相関関係があると言われています。
前述のように腸には多くの神経細胞が存在するため、感情にも影響をもたらすのです。
腸内環境が整っていれば精神にも良い影響を与え、ストレスなどにも強くなれます。

 

まとめ

冒頭で述べた通り、腸内環境が悪いと便秘だけでなくさまざまな弊害を体にもたらします。
特に便秘体質の方はすでに腸内環境が悪い可能性が高いので、食生活を中心にぜひ改善していただきたいと思います。
便秘に悩む方はとかく便秘薬などに頼りがちですが、便秘体質そのものを解消して、便秘になりにくい体を目指してください。

 

【関連記事】
プーアール茶が便秘によい3つの理由

 

ダイエット中でもプーアール茶なら快便でいられる理由

 

知っておくべき便秘体質とその改善法

 

便秘薬の副作用とその危険性

 

ダイエットプーアール茶で便秘解消の口コミまとめ

飲みやすいプーアール茶ベスト3

その他お茶メーカーシェア1位のティーライフのダイエットプーアール茶です。

 

ダイエット、と商品名にありますが、口コミを見ているとむしろ便秘解消を効果としてあげている人が多いです。
ダイエットプーアール茶で便秘解消の口コミまとめ

 

また味に関しても、飲みやすい、美味しいが圧倒的で不満を感じる人は皆無です。

価格(税込) 内容量 返品返金保証

970円〜

3袋(1袋5g×4)

30日間/返送料も無料

 

美味しいから続くスッキリ実感ダイエットプーアール茶

ダイエットプーアール茶の公式サイト

 

 

 

安心の国産茶葉使用のプーアール茶、茶流痩々(さりゅうそうそう)。

 

日本でも有数のお茶どころ、静岡県産ということで味も品質も確かです。

 

しずおかふるさと食品コンクール最優秀賞がその証です。

価格(税込) 内容量 返品返金保証

1,500円〜

10リットル分(5g×10)

なし

 

 

 

 

プーアル熟茶

重合カテキンが他社の30倍というプーアル熟茶。

 

中国産の茶葉ですが、農薬検査は日本で行い、静岡の工場で蒸気殺菌しているようです。

 

茶葉・粉茶・ティーバッグの3つから選べるのも便利です。

価格(税込) 内容量 返品返金保証

1,580円〜

茶葉200g他

なし/定期購入