便秘の種類

便秘に悩む女性

便秘には大きく分けると、機能性便秘器質性便秘の2種類があり、さらに機能性便秘は3種類に分けられます。

 

正しい対処をするためには、自分がどの種類の便秘かを把握しておくことはとても大切です。

 

機能性便秘

いわゆる「便秘」といえばこの機能性便秘を指すことが多いようです。

 

以下3つに分けられています。

 

弛緩性便秘

弛緩性便秘は、大腸の運動が低下することによって起こる便秘です。

 

大腸は、胃や小腸で消化された食物を蠕動運動によって直腸へ送り出します。

 

このとき大腸はどろどろの食物から水分を吸収しますが、蠕動運動が低下すると長い時間大腸にとどまることになり、水分を吸収し続けます。

 

すると便は固くなってしまうので、結果便秘となってしまいます。

症状:膨満感、残便感、食欲不振、肩こり、肌荒れ、イライラなど
原因:運動不足、水分不足、食物繊維不足、過度のダイエット、腹筋力の低下など

弛緩性便秘の解消法

 

けいれん性便秘

けいれん性便秘は、腸管の一部が緊張・けいれんすることで細くなってしまい、便がうまく運ばれなくなる便秘です。

 

便秘と下痢を交互に繰り返すこともあるのが大きな特徴です。

症状:腹痛(とくに下腹部)、残便感、下痢など
原因:ストレス、環境の変化、過敏性腸症候群など

 

直腸性便秘

直腸に便が到達しても、大脳からの指令(排便反射)が行われず、便が停滞してしまった場合の便秘です。

 

大腸の運動は正常なので、弛緩性便秘用の薬を飲むと逆に下痢になってしまいます。

症状:排便時の痛み、肛門の違和感、便意がなくなるなど
原因:体力の低下、老化、繰り返し排便を我慢するなど

 

器質性便秘

胃や小腸、大腸などの消化器官に疾患がある場合の便秘です。

 

生活習慣の改善では解消できず、それぞれの器質を治療する必要があるので、医療機関等で診察してもらわなければなりません。

症状:吐き気、嘔吐、激しい腹痛、血便、発熱など
原因:腸閉塞(イレウス)、大腸がん、腹膜炎、潰瘍性大腸炎、腸捻転、子宮筋腫など


それぞれの対処法

今述べたように、器質性便秘の場合はお医者さんに診てもらわなければ治りません。

 

それに対し、機能性便秘の場合は、そのほとんどが食生活や生活習慣の改善で対処可能です。

 

それぞれの原因に心当たりがあれば、まずはそれを改善することに努め、その補助するものとしてプーアール茶等の健康食品、飲料を利用するようにしましょう。

 

【関連記事】
知っておくべき便秘体質とその改善法

 

便秘薬の副作用とその危険性

 

弛緩性便秘の解消法

 

便秘の人は腸内環境の改善が最優先課題

 

ダイエットプーアール茶で便秘解消の口コミまとめ